« 【旨魚料理】アマダイの和風フリット | トップページ | 【茨城・波崎】恒例アカムツ仕立て第二回 »

2013年10月19日 (土)

【旨魚料理】アマダイ雑炊

美味しい魚はだしだけでも十分一品になります。

Photo_5

アマダイの頭と中落ち、だし昆布を使ってだしを取ります。

Photo_6

昆布は沸騰し始めたら引き揚げ、アクが浮いてきたら丁寧に取り除きます。

次第にだしが澄んできて、細かい芥子粒の様な脂が浮いてきます。十分に煮だしたらザルなどを使って濾します。

Photo_7

味付けは日本酒少々、醤油をちょびっと、後は塩でまとめます。

卓上コンロで鍋を温め、あらかじめ用意しておいたアマダイの切り身きのこ(今回はぶなぴを使いました)を入れて煮始めます。

Photo_8

続けて冷や飯を投入、蓋をして弱火で煮込みます。

十分に煮込んだところで、溶き卵を回しかけ糸三つ葉を散らして再度蓋をします。火は20秒後に止めてしまいます

Photo_9

火を止めてから更に1分間放置、この時間が待ち遠しいんですよね!!

こういうものが食べたくなってきたという事は、だいぶ気温が下がってきたと言う事でしょう。

アマダイの旨みがじんわり広がってきますよ、

ちょっと寒くなってきたら、お腹の中から温めましょう。

ブログランキングにも参加しています。下のボタンを押して、
こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ

|

« 【旨魚料理】アマダイの和風フリット | トップページ | 【茨城・波崎】恒例アカムツ仕立て第二回 »

旨魚料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/53625883

この記事へのトラックバック一覧です: 【旨魚料理】アマダイ雑炊:

« 【旨魚料理】アマダイの和風フリット | トップページ | 【茨城・波崎】恒例アカムツ仕立て第二回 »