« 【旨魚料理】ワラサのポキ | トップページ | 【旨魚料理】オニの姿揚げ »

2013年10月 3日 (木)

【旨魚料理】ワラサのづけ丼

一晩漬けても大丈夫!!

Photo

もう作り方の細かい説明は不要ですよね。

でも一応、

醤油と味醂を同量合わせ、煮切って(一度沸騰させて)冷ましたら柚子胡椒を溶かします。

そこに刺身に切ったワラサを漬けて、冷蔵庫で一晩置きます。

「一晩漬けたら味が濃くなってしまわないだろうか?」

最初の頃はそんな心配をしましたが、何度もやっているうちに時間のコツがわかってきましたよ。

どの魚でも大丈夫と言う訳ではなく、脂の乗りが良い魚は一晩置いて大丈夫です。あっさりした白身などは短めの時間が良いでしょうね。

時間を置くと、何とも角の取れたまろやかな仕上がりになります。

酢飯に大根のツマを敷き、漬けを乗せます。白ゴマを振り、その上に大葉の細切りを乗せて出来上がり。

Photo_2

こちらは奥方様のづけ丼(小)。

掻き込みたくなる衝動を、大根のツマが諌めてくれます。
(大根のツマが邪魔をして急いで食べられません...)

酢飯との相性が抜群だなぁ!!

ブログランキングにも参加しています。下のボタンを押して、
こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ

|

« 【旨魚料理】ワラサのポキ | トップページ | 【旨魚料理】オニの姿揚げ »

旨魚料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/53458119

この記事へのトラックバック一覧です: 【旨魚料理】ワラサのづけ丼:

« 【旨魚料理】ワラサのポキ | トップページ | 【旨魚料理】オニの姿揚げ »