« 【旨魚料理】オニの肝と胃袋キムチ和え | トップページ | 【旨魚料理】ホウボウのムニエル »

2014年2月12日 (水)

【旨魚料理】ハナダイの皮霜造り

皮と身の間に旨みがあるんです

Photo

皮が美味しい魚は皮付きのまま造るお刺身美味しいですよね!

脂のあるタイプの場合はバーナーで皮を炙る方法が定石ですが、あっさり系の場合は熱湯をかけて皮に火を入れる方法がお勧めです。

まな板の上に柵を置き、布巾(ペーパータオルでも可)をかけて上から皮に熱湯を注ぎます。

直ぐに用意しておいた氷水に入れて熱を取り、直ぐに取り出して水気を取ります。

(いつまでも水に漬けていると旨みが逃げてしまいます)

この方法で作ったお刺身を皮霜造りと言います。

Photo_2

ハナダイはやや柔らか目の身質ですが、新鮮な物ならば美味しいお刺身が楽しめますよ。

是非皮目のきれいなお刺身を楽しんでください!

ブログランキングにも参加しています。下のボタンを押して、
こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ

|

« 【旨魚料理】オニの肝と胃袋キムチ和え | トップページ | 【旨魚料理】ホウボウのムニエル »

旨魚料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/54863779

この記事へのトラックバック一覧です: 【旨魚料理】ハナダイの皮霜造り:

« 【旨魚料理】オニの肝と胃袋キムチ和え | トップページ | 【旨魚料理】ホウボウのムニエル »