« 【茨城・鹿島】かえって禁断症状が酷くなっちゃった? | トップページ | 【旨魚料理】フグのすり身蓮根揚げ »

2014年4月16日 (水)

【旨魚料理】フグしゅうまい

ぷりんぷりんでちょっとコリコリ!

Photo_3

久しぶりにしゅうまいを作る事にしました。

でも材料はお肉ではなく、フグのすり身です。(最近すり身料理がマイブーム?)

【材料】
ショウサイフグの棒身 中型7~8匹
ホタテの水煮缶 1個
木耳(きくらげ) 適量

コショウ
胡麻油
(小麦粉)
シュウマイの皮 1袋(30枚)

ホタテの水煮缶のホタテを取り出しほぐしておきます。(汁は捨てないように)

Photo_4

木耳は水で戻してみじん切りにします。

Photo_5

フグの棒身は三枚に下し、ぶつ切りにしてフードプロセッサーですり身にします。

Photo_6

合わせる調味料ですが、多分醤油や香辛料を一緒に付けて食べると思うので、さつま揚げよりも加減しました。

塩:フグの身の1%程度
コショウ:適量
胡麻油:小1
ホタテ水煮缶の汁:適量

を加えて滑らかになるまで回します。硬さを調節する場合は小麦粉を少しづつ加えます。

最後に木耳(きくらげ)のみじん切りとほぐしておいたホタテを混ぜ合わせて、軽く回し餡は完成です。

Photo_7

これをシュウマイの皮で包んでいきましょう。

Photo_10

シュウマイの皮を親指と人差し指で輪を作った所に置き、餡をスプーンで取って乗せ輪の中に押し込むようにして包みます。

Photo_8

Photo_9

上からスプーンの背で押すようにして形を整えます。

Photo_11

余ったしゅうまいの皮をキッチンバサミで細切りにして、しゅうまいの飾りに乗せました。

皿にクッキングシートを敷いて、そこにシュウマイを並べます。この時に少し間を開けておくのがポイント、近すぎると蒸しあがった時にくっついてしまいます。

今回は蒸し器ではなく、中華鍋に水を入れ穴の開いた蒸し器の中仕切り板を置いて蓋をする方法で蒸しました。
理由は蒸しあがった時に取り出しやすいようにするためです。(蒸し器は深さがあるので気を付けないと火傷しちゃいますからね...)

Photo_12

クッキングシートの代わりに刻んだキャベツや白菜を敷くと、一緒に食べることもできますよ。

蒸す時間は湯気が上がった状態から5~6分が目安です。

Photo_13

酢醤油、辛子醤油などお好みで!!

Photo_14

ブログランキングにも参加しています。下のボタンを押して、
こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ

|

« 【茨城・鹿島】かえって禁断症状が酷くなっちゃった? | トップページ | 【旨魚料理】フグのすり身蓮根揚げ »

旨魚料理」カテゴリの記事

コメント

これはうまそう。

昔サバシュウマイをつくりましたが、サバのえぐみばかりで不評でした。フグだったら最高でしょうね。帆立のかおりときくらげの食感もよさげです。フグ食べたい・・・

投稿: マルソータ | 2014年4月16日 (水) 12時16分

絶対に食べた~~い一品ですね。

作りたいけどストック無しcrying
一緒に行きたかったけど仕事でした残念(泣)

次回のお誘い待ってますhappy01


投稿: ポン太 | 2014年4月16日 (水) 19時11分

うわぁ・・・フグをすり身にするとはなんとも贅沢。
ただでさえぷりぷりの身が、塩を入れてすることで粘り気が出てプリプリというよりはブリブリという食感になるのでしょうか?
そういえばシュウマイは久しく食べてないですね~
カワハギとかイシモチとかカサゴ、あるいは身が固いので定評があるアカイサキでやっても面白そうですね。

先ほどネオジム磁石を100均で3つ調達してきて、家にあった端材でマグネット板Ver.2を作っていたら、手が滑ってナマクラの彫刻刀で左親指をざっくりやって血がダラダラ・・・
なかなか止血できないので医者(近所に外科がないので内科・・・)に行ったら、縫合するほどではなかったですが、念のため破傷風の注射をしてもらいました。
ちなみに2年前にアドバイスをいただきながら作成した初代マグネット板はネオジム磁石の弱点である錆で、土台から浮き上がった磁石を叩いて戻そうとしたら粉々に割れてオシャカに・・・

18日に坊主覚悟のアカムツ開幕戦に行くんですが、大丈夫ですかねぇ(笑)

ブログ閉鎖してから近況報告をしてしまいますので、つい長文になってしまいます。失礼しました。

投稿: Colles | 2014年4月17日 (木) 00時22分

マルソータさん>
おぉ!サバのしゅうまいは度肝を抜きますね。
青魚が前面に主張してしまったのでしょうかね。思い切ってカレー粉でも使ってサバしゅうまいに仕立てれば美味しくなりそうな気もしました。
更に蒸すよりは揚げしゅうまいにするとお弁当にもおつまみにも良さそうです。
今度チャレンジしてみようかな?

投稿: まるかつ | 2014年4月17日 (木) 22時10分

ポン太さん>
今回は急に行く事になったのでお誘いしませんでした。
次の機会には是非声を掛けますね。
フグしゅうまい、数をたくさん仕込めますしポン太家向きのメニューかもしれません。
是非作ってみたくださいね!

投稿: まるかつ | 2014年4月17日 (木) 22時13分

Collesさん>
さつま揚げや蒲鉾はぷりぷり命ですが、しゅうまいとなると程良くプリプリで多少ふんわり感も出してあげないと食感が悪くなります。
こんな美味しくて料理のバリエーションが多彩なフグが禁止令とは座年至極ですね...。
ネオジウムですが、穴に接着したら上部もエポキシ系接着剤で薄目にコーティングしてしまうんですよ。
すると水が入り込まず錆は出ません。この方法にするまではだいぶ磁石をダメにしました。
あと使用後に水洗いせず、良く絞った雑巾で拭いて乾かす、これも大事なポイントです!

投稿: まるかつ | 2014年4月17日 (木) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/55733292

この記事へのトラックバック一覧です: 【旨魚料理】フグしゅうまい:

« 【茨城・鹿島】かえって禁断症状が酷くなっちゃった? | トップページ | 【旨魚料理】フグのすり身蓮根揚げ »