« 【旨魚料理】キンメダイの酒蒸し中華ソースかけ | トップページ | 【旨魚料理】アナゴの白焼き »

2014年5月11日 (日)

【東京湾・行徳】午前シロギス+夜アナゴ

釣行日 :2013/05/10
天候  :晴れ・ややシケのちナギ
場所  :行徳 大城屋
ポイント:アクアライン北(シロギス)、アクアライン南(アナゴ)
同行者 :なし
-----------------------------------------------------------------
3年ぶりのアナゴ、果たして口に入ったのか?

Photo

まるかつはアナゴ大好き!(釣るのも食べるのも)

ところがここ数年不漁続きで、まともに乗合船が出ることが2012年2013年とありませんでした。

最後の記録が2011年にりんりんパパさんが川崎長八で仕立てたアジ+アナゴリレーが最後です。

この時は辛うじて1本釣って、涙を流しながら骨せんべいアナゴフライを食べたのでした。

GW前から開幕し、待ちかねた仲間たちも早々と出撃。ここ数年とは違うみたいとの感触がブログでも伝えられていました。

様子見していては終わってしまうかも?

今回久しぶりに訪れたのは行徳の大城屋さんです。

Photo_2

以前は日中アナゴ午後アナゴ(昼過ぎに出船して夜までやる)というユニークな乗合船を出していたのですが、お客さんが少ないのか...今は夜アナゴしか出していません。

そこで午前シロギスに乗って、一度上陸したらゆっくりお昼を食べその後お昼寝、そして夜のアナゴというプランを立てました。

実はアナゴは釣り座が重要、アンカーを打って釣る場合振れ幅が大きくなる大トモが有利とされているんです。

だから朝から乗り込んで、夜の座席も通しで確保しちゃおうという企みもありました
(まあ、予定通りに事が運ぶとは限りませんが...)

午前シロギス乗合は7時出船。

Photo_3

久々に葦原に伸びる桟橋を渡って船に乗り込みます。今日の座席は右舷大トモです。

今日のお客さんは4人、右舷は中乗りの若船長を入れても3人しかいません。

Photo_4

短時間勝負の釣りですが、あくせく釣るつもりは毛頭もありません。

1本短竿を船下に置き、もう1本を手持ちで軽くキャストして釣る方針です。

Photo_5

仕掛けは船下が天びん2本吹き流し仕掛け、手持ちが胴突き1本バリにしました。

ポイントはアクアライン手前で、パラシュートアンカーを入れて釣ります。ただ思ったよりも北風が強く10m近く吹いています。

最初にアタリを送ってきたのは手持ち竿。

ちょっと強めのアタリだなと思ったら...

Photo_6

イシモチでした。

続けて船下の置き竿も竿先が震えたと思ったら、

キュキュキューン

と引き込まれ、ナイスサイズのシロギスが飛び込んできました。

Photo_7

久しぶりのパールピンクの女王様からのシグナルは心地よいです。

飽きない程度に釣れ続き、ノンビリと思っていた割には結構忙しい釣りになってしまいました。

シロギスは年に1回程度しかやりませんが、小物釣りも楽しいですね。

来る時は感じませんでしたが帰りは向かい風、北風が10m以上吹いています。

12時には沖上り、かなり時間を掛けて東京湾を戻り、江戸川を上って桟橋に戻ってきました。

船長 「この風じゃ夜は無理かもな。」

まる 「.........」

船長 「3時頃判断するから。」

ここで一度上陸、桟橋を渡り土手を上って車に戻ります。

初夏の日差しを浴びた車中は結構暑くなってますが、窓を全開にすると直ぐに涼しく気持ちよくなりました。

Photo_8

歩いてコンビニに行きお昼ご飯を買ってきてお昼休み。

お腹がいっぱいになった所で夜の部に備えてお昼寝です。

ここは風通しが良いので窓を開けておけばお昼寝最適です!

3時前頃に船長がスクーターでやってきて、

船長 「ナギてきたから出られますよ。」

まる 「おぉ!!」

しかし風の様子は一向に収まって来てはいないんですけど...。

まぁ船長の言う事を信じましょう。

16時まで休憩したらアナゴ釣りに向けて再出発、出船は17時です。

船に戻って道具を準備します。

竿は3本、船下置き竿を2本、1本は投げて引く戦法にしました。

投げる仕掛けは まるかつオリジナルのやじろべえ天びん仕掛け

Photo_9

置き竿は1本は天びん+釣鐘型オモリを使った2本バリ仕掛け

Photo_10

もう1本の置き竿はシンプルな釣鐘型オモリに2本バリとシンプルかつオーソドックスな仕掛けです。

Photo_11

ハリスはすべて短く、夜行パイプやビーズなどで装飾?してあります。

飾りの効果と言うよりも、食いついたアナゴがくねくねしても絡まないように工夫してあるという理由が大きいでしょうか?

全て自作ですが、あーでもないこーでもないと考えながら作るのも楽しいんですよね。

アナゴはお客さんが9名、右舷は5名入りました。

Photo_16

時間になり出船、向かったポイントは木更津アクアラインの辺りでしょうか?

船長の読みは見事に当たりましたね!!昼の荒れ方が嘘の様です。

アクアラインが見えてきました。

Photo_12

止まるのかな?と思っていたら、フルスロットルで通過。

何処まで走るのでしょう?

Photo_13

この後もかなり走って君津の前辺りでしょうか、まだ薄明るい中スタートフィッシング!!

久々のアナゴ釣りなので軽く武者震いします。

今度はアンカーを打ってのかかり釣りです。仕掛けはミヨシからトモへと流されてます。

2本目の道具を入れていたら早くも1本目の竿にアタリ!!

Photo_14

幸先が良いですね!!

と思ったら続けて同じ竿にアタリ。

しかしアワセが甘かったのか、水面でぽちゃんしちゃいました...。

周りは全然釣れていません。

Photo_17

このバラしが良くなかったのか?ここから長いトンネルに入りました。

途中2本目のめそっこが来たんですが、周りがすっかり暗くなってもゴールデンタイムが訪れません。

船長と若船長は丁寧に何度もポイントを移動しアンカーを打ち直してくれます。

「あぁ、今日は2本で終わってしまうのか?」

と諦めムードになった時、

投げて手持ちしていた竿に2匹続けて来ました。

するとなぜ急にスイッチが入ったのか判らないんですが、

今までアタリの無かった置き竿と手持ち竿に交互に入れ食い!!

何と一荷が3回も!!

周りはほとんど釣れていないんですが、何故かプチ盛り上がりで一気にツ抜けしちゃいました。

楽しい時間あっという間に過ぎ去り、21時にはストップフィッシング。

釣れたアナゴは船長がすべて捌いてビニール袋に入れて持たせてくれます。

潮風に吹かれながら東京湾をナイトクルーズ、湾奥から江戸川に入り無事帰還しました。

出船したときとは全く違う真っ暗な土手を歩いて車に戻ります。

「あぁ、丸一日遊んでしまったわい...」

遠足は無事に家に帰るまでが遠足、安全運転で京葉道路を走り帰宅しました。

ここで終了しないのがアナゴ釣り。

今夜中にアナゴの処理はしなくてはなりません。

Photo_15

それでもまだ終わらない...

続きは次の記事で。

【今日の獲物】
シロギス(21)16~24cm
イシモチ(1)21cm
ヒイラギ(1)14cm → リリース

アナゴ(11)28~42cm

【今日のお料理】
シロギス:昆布締め、天ぷら
イシモチ:天ぷら

アナゴ:白焼き、あなきゅう巻き、

【今日のタックル・仕掛】
*シロギス*
竿:alpha tacle 船の達人 シロギス160、ダイワFIELDER Aori125
リール:Abu Cardinal 300U PE1号(スピニング)、ダイワAIRD100R PE1号
オモリ:20号
仕掛:胴突き1本バリ、幹糸2号、ハリス1号30cm、早掛け8号、ケイムラビーズ、金色ビーズ
   天びん2本バリ ハリス1号80cm 枝ス10cm キス競技用9号

*アナゴ*
竿:alpha tacle 船の達人 シロギス160、SPRINT 船 20-125、ダイワFIELDER Aori125
リール:Abu Cardinal 300U PE1号(スピニング)、シマノBIOCRAFT400F PE1号、ダイワAIRD100R PE1号
オモリ:25号
仕掛:25号釣鐘オモリ天びん併用、自作ビーズ装着ウナギバリ、自作ビーズ装着カレイバリ
   25号かめのこオモリ、自作やじろべえ天びん、自作ビーズ装着カレイバリ
   25号釣鐘オモリ、自作ビーズ装着ウナギバリ2本仕掛け

【エサ】
*シロギス*
アオイソメ(船宿)

*アナゴ*
アオイソメ、イワシ短冊(船宿支給)
【費用】
乗船料:6,500円(午前シロギス)+7,000円(夜アナゴ)-1,000円(通し割引)=12,500円

【交通費】
単独だったので計算しませんでした

ブログランキングにも参加しています。下のボタンを押して、
こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ

【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ

|

« 【旨魚料理】キンメダイの酒蒸し中華ソースかけ | トップページ | 【旨魚料理】アナゴの白焼き »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

おぉ~!釣れましたね(^^)v
周りが釣れてないときの入れ食いは 気持ちいいっすよね(^_-)-☆
おいしい釣りアナゴ 食べてみたかったなぁ~^^;

投稿: マルッチPP | 2014年5月11日 (日) 05時35分

おはようございます。
早朝から深夜までという、本当に丸一日の釣りですね。
美味しいアナゴを釣るのは大変ですね。
でも、11匹はさすがです。
この前釣具屋で見掛けましたが、
天秤式の仕掛けが気になります。
あとはケミホタルのつける位置も興味深いです。

投稿: ヨシケン | 2014年5月11日 (日) 07時09分

なんだか読んでいる私もとても楽しく感じる1日でした
こんな感じでゆるゆる江戸前高級魚の調達も
楽しそうです。
今年はアナゴ、満足いくまで食べられそうで
良かったo(^-^*)oですね

投稿: きよりん | 2014年5月11日 (日) 10時57分

まるかつさん 風の中お疲れ様でした。
昨日は朝から陸でも風吹いてましたら、海は
想像できます。^^;ツ抜けは流石ですね。!(^^)!
それにしても、ここ数年ダメだったアナゴが
本格的に復活してくれるとありがたいですが、
素人にはやはり厳しそうです。江戸前アナゴも
フグと同様貴重品種になりそうです。

投稿: 汐留 | 2014年5月11日 (日) 11時29分

まるかつさん、
おっニョロ行かれましたか。
陸にいてもかなり北風が強かったんですが、寒くはありませんでしたね(もう初夏?)
チビが骨煎餅が大好きなんですよねぇ。
オイラも行くかな。

投稿: りんりんパパ | 2014年5月11日 (日) 13時01分

キスとアナゴでしたか♪
コチラでも土曜日は風が強かったですね。
あかべー的には両種目ともなかなか行けない釣りモノであります。
おいしいんだろな~www

投稿: あかべー | 2014年5月11日 (日) 17時48分

アナゴ今年は良いのですかね、
数年前に、釣りの時にご馳走してくださった、
煮アナゴの味忘れられないです。

投稿: かんこ | 2014年5月11日 (日) 21時20分

一人入れ食いを堪能されたとは裏山です。
ここ数年はアナゴが不漁でしたけど、11本取れればいうことないですね。
また、豊漁の年が巡ってきてほしいものです。

投稿: マルソータ | 2014年5月11日 (日) 22時10分

まるかつさん
おはようございます。

ツ抜けおめでとうございます。
アナゴは今シーズンも微妙な線ですかねぇ・・?
(我が家では、頭数が多いので20本位無いと瞬殺。)

こちらの船は例の日中アナゴのお船なんですね。
イワシ支給といい、個性的な宿なんですね。


投稿: ウチ● | 2014年5月12日 (月) 02時48分

マルッチPPさん>
途中までは2本で終了の文字が頭の中で点灯し、またほろ苦い骨せんべいかと諦めムードだったんですよ。
5~6回目のポイント移動後だったかな?ここで何故か一人だけ大爆発。
理由は判りませんが、入った場所と選択した座席が良かったんでしょう。
3年ぶりのアナゴ釣りは満足な釣行になりました。

投稿: まるかつ | 2014年5月12日 (月) 08時02分

ヨシケンさん>
長い一日でしたけど、途中でゆっくりする時間があったのと、普段よりは出発時間が遅いので楽しかったです。
アナゴの仕掛けは色々な物があり、どれも長年の試行錯誤の結果なんです。これなら間違いなしという鉄板が無いですが、色々と工夫の余地があり妄想も楽しい物です。
釣っても食べても好きな釣り物なんですが、釣期が短く最近の様にムラがあるのがね...。

投稿: まるかつ | 2014年5月12日 (月) 08時06分

きよりんさん>
二本立てだし時間も長い、それに写真もたくさん撮ったので長編記事になってしみました。
読み物としてはほんわかした雰囲気で楽しんでもらえたのかな?
結構ドラマティックな一日ではあったんです。午前の部は東京湾としては相当なシケ、特に帰りは外房大原に居るのかと思わせる海況でした。
そして一度は諦めた夜、どんでん返しで良いナギに。そして2本で終わりと諦めたのに最後で入れ食いタイムでにんまりですからね。
食べる方は後続の記事をお楽しみに!!

投稿: まるかつ | 2014年5月12日 (月) 08時11分

汐留さん>
完全復活とは言えないでしょうが、ここ数年の絶不調と言う事はなさそうですね。
今回もメソ(小さいの)が結構混じりましたので期待して良いかもしれません。でも行くなら早めが良いと思いますよ。
梅雨時の本格シーズンで盛り上がってくるならば、復調と言っても良いと思います。
しかし午前と夜では全く違う東京湾でした。

投稿: まるかつ | 2014年5月12日 (月) 08時13分

りんりんッパさん>
長八の時の「涙の骨せんべい」から3年。
やっと骨せんべいを楽しむことができますよ。
シロギスとアナゴの天ぷらを大量に作ったので、今日は夫婦そろってお弁当持参です。
とは言ってもこちらはご飯は無しでおにぎりを買うパターンだけどね。

投稿: まるかつ | 2014年5月12日 (月) 08時17分

あかべーさん>
朝出る前はそれほどでもなく、往きは追い風であまり感じず、釣り場に到着してありゃーって感じでした。
帰りがもう大変...、休憩中も吹きまくっていて船長の言葉が信じられませんでしたよ。
しかしびっくり玉手箱、どんどん穏やかになって最後は完全にナギですからね。
シロギスもアナゴも旨いよ!!最終最後に盛り上がってくれて良かったです!

投稿: まるかつ | 2014年5月12日 (月) 08時20分

かんこさん>
あぁ、そんな事もありましたね。
以前は良く釣れたから...。20本超え何て事もしばしばあったし、3時間30本勝負なんて強気の発言もありました。
今回は煮アナゴは我慢して、白焼きと天ぷらです。

投稿: まるかつ | 2014年5月12日 (月) 08時23分

マルソータさん>
地獄から天国に昇るクモの糸が降りてきた感じでした。
このチャンスを逃してはならじ!と頑張りましたよ。
「あっまたトモで釣ってる。」
「おー、今度はダブルだよ。」
と話しているのが聞こえ、ちょっとはしたないですが快感でした。
他の人は0~3ですからね。申し訳ないような嬉しいような。

投稿: まるかつ | 2014年5月12日 (月) 08時26分

ウチ●さん>
まだ復調とは言い切れない状況ですが、ここ数年の体たらくと言う事はなさそうですね。
この船が日中アナゴをやっていたお宿です。ユニークで時間も長く気に入っていたんですが、マニアック過ぎてお客が少ないのか今は止めていますね。釣れればきっと再開すると思うんですが。
今回は青イソしか食わなかったですね。イワシは何故か見向きもされませんでした。

投稿: まるかつ | 2014年5月12日 (月) 08時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/56122142

この記事へのトラックバック一覧です: 【東京湾・行徳】午前シロギス+夜アナゴ:

« 【旨魚料理】キンメダイの酒蒸し中華ソースかけ | トップページ | 【旨魚料理】アナゴの白焼き »