« 【無事開催】キンメパーティー | トップページ | 【旨魚料理】アコウダイの四川風煮込み »

2014年5月 8日 (木)

【旨魚料理】キンメのアクアパッツア

簡単で豪華なキンメ料理!!

Photo_13

キンメは大きな物は二枚下しにして骨付きをぶつ切りにします。(残った半身はお刺身で!)
あまり大きくない場合はそのままぶつ切りで良いと思います。

一人分がぶつ切り一切れですので、数を間違えないように。そして大きさも、小さいと満足できないし、大きすぎると皿に困ります...ので良く考えて切り分けましょう。

アサリは塩を加えた水(海水濃度)に入れて砂を吐かせます。最近は「砂抜き済」と書いて売られていますが、家でもう一度やることをお勧めします。

Photo_16

アサリの量が少ないと寂しいですし、味が良く出ると美味しくなりますからね。ここは多めに用意したいですね。

この料理はフライパンで作りそのままテーブルに出します。大き目のフライパンで、蓋を用意できる大きさを準備しましょう。

※蓋は別の鍋の蓋でも何でもOKです。

フライパンを熱くしたらオリーブオイルを少量入れ全体に馴染ませます。キンメダイのぶつ切りを並べて入れ片面に焼き目を付けるようにします。

長い時間焼いて火を通す必要はありません。基本的に蒸して調理するメニューですので、焦げ付かないように火加減には注意しましょう。

本格的な作り方では魚を入れる前にニンニクや鷹の爪を入れオリーブオイルに香りを移すのですが。

まるかつ流はなんちゃってですからこんな物を使っちゃいます。

Photo_14

オリーブオイルに刻んだニンニクと鷹の爪が入ってます。(要はアーリオ・オーリオ)更にドライトマトまで入っっちゃってますので至れり尽くせりです。

一度フライパンを火から降ろして一瓶投入します。熱い状態で入れると焦げ過ぎてしまうのを防ぐためです。

入れた瞬間良い香りが立ち込めますが、

すかさず白ワインを入れアサリを投入してフライパンを火に戻し、火力を上げます。

※白ワインは安いのでOKですよ。余ったら一緒に飲んじゃいましょう!

Photo_15

沸騰してきたら塩を加え、味を確認(1回目)。

蓋をして火加減を調整し蒸らします。

アサリのふたが開いたら2回目の味見、ここで味が決まりますが更に煮詰まって味が濃くなって来ることを計算しましょう。

※塩は足りなければ加えられますが、引き算ができないので注意です。

キンメダイにスプーンでソースを回しかけて皮目にソースが行き渡るようにします。身が厚いですので中まで味が染みることはありません。

食べる時に白いキンメの身をほぐしながらアサリと一緒にソースを絡めて食べることを想像しながら作ります。

暫し火を入れて素材に火が入った事を確認したら出来上りです。

完成したら即テーブルへ!!

Photo_20

この瞬間がこの料理のクライマックスですよね!!

Photo_21

時間を見計らってパスタを茹でる鍋を準備します。

パスタメインの料理ではありませんので5~6人で300g程度、山盛りじゃなくて良いですね。

細麺を選択したので茹で時間6分

アクアパッツアを食べ終わったらアサリの殻やキンメの骨をしっかり取り除きます。

大切な魚介エキスたっぷりのソースです!

Photo_19

アクアパッツアとしていただくソースの濃さはパスタではちょっとしょっぱいと思います。

味を見てパスタの茹で汁を加えます。

今回は大き目のお玉で1杯半加えました。(料理の先生である奥方様の味見による)

茹であがったパスタを入れ、1分ほどソースを吸わせ用意しておいたイタリアンパセリを散らします。(余熱で十分火が通ります)

再度テーブルへ。

With_2

この料理は塩加減がポイントですが、失敗の少ない料理だと思います。

それに視覚・聴覚・嗅覚・味覚・食感と五感を全て総動員して楽しめる所が魅力ですね。

一鍋で二度美味しいアクアパッツアでした!!

ブログランキングにも参加しています。下のボタンを押して、
こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ

|

« 【無事開催】キンメパーティー | トップページ | 【旨魚料理】アコウダイの四川風煮込み »

旨魚料理」カテゴリの記事

コメント

まるかつさん、
以前オニカサゴでやったことありますが、アクアパッツアは二度おいしいのがお得感?があって良いですね。
鍋を開けた直後の画は雑誌に出そうな感じですねよお。

投稿: りんりんパパ | 2014年5月 8日 (木) 12時58分

和食メインの我が家ですが、これは簡単だし、好きな料理パターンです。
ただ、ワインは飲みたいワインを選びます。あくまでもワインは直接飲むのがメイン!!(^_^)v

投稿: すずきん | 2014年5月 8日 (木) 21時54分

キンメのアクアパッツァは美味いでしょうね。
ハナやマダイだと魚臭さが出そうな気がします。
久しく作ってないので写真を見ているうちに食べたくなりました。
その前に釣らないと・・・

投稿: マルソータ | 2014年5月 8日 (木) 23時16分

りんりんパパさん>
今回はお客様が私のカメラでバシバシ撮影してくれたので、こんなショットも生まれました。(自分じゃ無理だものね)
キンメとアサリのエキスが凝縮したソースは堪らない旨さでしたよ。
残念ながらアクアパッツアは熱々を食べられませんでしたが、パスタは食べましたよ。

投稿: まるかつ | 2014年5月 9日 (金) 08時15分

すずきんさん>
>ただ、ワインは飲みたいワインを選びます。あくまでもワインは直接飲むのがメイン!!(^_^)v

このあたりにすずきんさんらしさを感じますね。(笑)
お酒のために美味しい物を作るって感じですね。

投稿: まるかつ | 2014年5月 9日 (金) 08時17分

マルソータさん>
このところスピニングリールの出番ばかりの様ですが、そろそろX-4も潮風に当てて欲しいと泣いているんじゃないですか?
アクアパッツアならば失敗が少ない料理法ですが、タイ系だとしっかり焼き目を付けた方が良さそうです。
紹介したドライトマトは優れものですよ!

投稿: まるかつ | 2014年5月 9日 (金) 08時21分

まるかつさん、

いつ見ても美味しそうしか感想が出てきません(笑)
私も嫁の実家で色々とやってみました!

でも次回は自宅で色々とやってみたいですね~
チビアコウは酒蒸しにしたら超美味しかったです!!

デカキンメ、またお声かけてください!運転頑張りまっす!

投稿: 今やん | 2014年5月 9日 (金) 14時01分

今やん>
このアクアパッツア+パスタはメチャ旨でしたよ。
次回は是非自宅でやってみてください。
奥さんも子供たちもきっと満足してくれると思うなぁ。
子供向けにおは骨の無い切り身を、大人用には骨付きで作ると食べやすいかもね。

投稿: まるかつ | 2014年5月 9日 (金) 17時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/56089712

この記事へのトラックバック一覧です: 【旨魚料理】キンメのアクアパッツア:

« 【無事開催】キンメパーティー | トップページ | 【旨魚料理】アコウダイの四川風煮込み »