« 【旨魚料理】カツオのにぎり | トップページ | 【旨魚料理】カツオのコチュジャン和え »

2014年8月 6日 (水)

【旨魚料理】カツオのハランボ炙り焼き

銀ピカのカツオの腹の部分を炙り焼きに!!

Photo_6

刺し身用の柵を作る時に腹骨をすき取りますが、この時ちょっと大き目厚めに切り取っておきます。

Photo_6

※このハラス部分は寄生虫が多い所でもありますので、良くチェックしましょう。身の中にも潜んでいますので、見つけたら庖丁の先などで穿り出して捨ててしまいます。

今回はアニサキスなどの悪さをする奴はいませんでしたが、テンタクラリア(米粒上の白い寄生虫)はかなりいました。
これは誤って食べてしまっても害はありませんが、気持ち良くはないですものね...。

ちょっと強めに塩を振って良く馴染ませたら、耐熱皿に乗せてバーナーで炙り焼きにします。

Photo_7

※表面を炙る程度ではなく、しっかり焼くつもりで火を当てます。

通称ハランボと呼ばれるカツオの腹の部分、脂が乗っていて美味しい部位です。

Photo_8

あら煮にするか?焼くか?迷う所ですが...。

熱々を手づかみでいただきましょう!!

ブログランキングにも参加しています。下のボタンを押して、
こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ

|

« 【旨魚料理】カツオのにぎり | トップページ | 【旨魚料理】カツオのコチュジャン和え »

旨魚料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/56974997

この記事へのトラックバック一覧です: 【旨魚料理】カツオのハランボ炙り焼き:

« 【旨魚料理】カツオのにぎり | トップページ | 【旨魚料理】カツオのコチュジャン和え »