« 【旨魚料理】ホウボウの味噌汁 | トップページ | 【告知】晩秋(初冬)の風物詩...アカカマス仕立て »

2014年9月10日 (水)

【DUCKY】仕様比較をしてみました

直ぐに使ってみたいところですが...

Photo

さて両機の仕様とコストを比較してみました。

             DUCKY          真空パックん
----------------------------------------------------------
発売元       ソラクル(愛知県)   ワイドシステム(山口県)

電源        AC100V   50/60Hz        ←

最大消費電力     135W             100W

吸気性能       -60KPa                    457~635mmHg

シール寸法     270mm×4mm        最大300mm

重量           2.75kg            2.6kg

本体サイズ    165×345×90(mm)   232×455×119(mm)

価格(amazon調)    \24,970~        \11,800~

使用パック素材   専用でなくて良い      専用ロール

パック素材価格例  200mm×300mm      280mm×5m
 (amazon調)     \2,095/100枚       \1,697/2本

1回30cmとして    約21円/1回       約53円/1回

年間100回30cmの長さで使うと仮定して、コストを計算してみると。

累積コスト        DUCKY          真空パックん
----------------------------------------------------------
1年目          \27,065           \17,104  (本体含む)

2年目          \29,160           \22,408

3年目          \31,255           \27,712

4年目          \33,350           \33,016

5年目          \35,445           \38,320

4年でとんとん、それ以上で逆転するんでしょうか?

あくまでも上記の価格を元に計算してみました。

年間100回って多いのか少ないのか?

干物をたくさん作った時など、一度に何回も使っているし...。

パック素材ももっと安い物があると思いますし、5年間同じコストで計算していますからね。

専用素材は片面が波状になっていて、ここから内部の空気が抜ける仕組みらしいです。

Photo_2

それに対してDUCKYはノズル方式で、普通の真空袋が使えるのが売り。

Photo_3

入れるものが食品ですし、冷凍して品質が劣化してしまっては本末転倒。普通に冷凍するよりも数か月後に冷凍焼けしない美味しい魚を食べるのが目的ですから。

本体以上にパック素材に関する情報が大切な気がしてきました。

次回以降は実際に使ってみたレポートを報告したいと思います。

ブログランキングにも参加しています。下のボタンを押して、
こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ

|

« 【旨魚料理】ホウボウの味噌汁 | トップページ | 【告知】晩秋(初冬)の風物詩...アカカマス仕立て »

料理グッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【DUCKY】仕様比較をしてみました:

« 【旨魚料理】ホウボウの味噌汁 | トップページ | 【告知】晩秋(初冬)の風物詩...アカカマス仕立て »