« 【旨魚料理】ヒラメのスープ | トップページ | 【旨魚料理】ヒラメのお刺身サラダ »

2014年11月30日 (日)

【旨魚料理】ガランチョのピチット干物

過去に干物は試したことがあるんですが...

Photo_7

ガランチョの塩焼きを紹介した時にも書きましたが、まるかつには脂が強すぎてちょっと苦手...。

干物も昔試したことがあるんですが、独特の匂いが強くなりすぎてダメだったと書きました。

しかし、懲りないと言うか?、諦めが悪いと言うか?

Photo

今回釣れたガランチョが60cmと良いサイズだった事もその気になった要因かも?

当時使っていなかった、

ピチットシート魚焼き専用ホイルを使って再挑戦してみよう

という気持ちが芽生えてきたんです。

最近お気に入りで良く使っている道具を使えば、もしかしたら劇的に美味しく食べられるかもしれないし?

というスケベ心が起きたんですね、きっと。

と言う事で三枚に下し、半身を三等分にして塩を強めに擦りこみました。

Photo_8

ピチットシートに挟んで冷蔵庫で水分を抜きますが、普通の干物なら長くて一昼夜の所二晩挟んでおきました。

これをフライパンに魚焼き専用ホイルを敷き、油は入れずに焼き始めます。

Photo_9

身側を焼いている時はそれ程でもなかったのですが、返して皮側を焼き始めると...

塩焼きを食べた時、みるみる脂と水分が滲み出してきた事を思い出し、焼きながら余分な脂と汁をキッチンペーパーで吸い取ってしまう様にしました。

Photo_10

きっと皮と身の間にたっぷり脂を溜めこんでいるんでしょうね。自分の脂で焼く感じ、揚げ焼きの様なやり方でこんがりと焼き上げました。

さて、熱々を食べてみると、

こりゃいけますね!!

脂が湧き出してくる事もなく、身が締まっていてとても食べやすいです。相変わらず小骨が多いのは仕方ないですけど...。

やはりピチットシートを使って、余分な脂をふき取るやり方が良かったみたいです。

また一つ勉強になりました。

ブログランキングにも参加しています。下のボタンを押して、
こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ

|

« 【旨魚料理】ヒラメのスープ | トップページ | 【旨魚料理】ヒラメのお刺身サラダ »

旨魚料理」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
以前、味噌たたきを推奨されていましたが、先日、はじめて釣って、やはり、味噌ベースがおいしいと思いました。
おいしい脂をとった塩焼きについては、もったいない気がしますが、たくさん食べると、この脂も、きついかもしれません。
油っけのない野菜といっしょに煮込むとおいしいと思います。
中華料理の油や、焼肉の油、とんこつ脂よりも、健康にいいのではないかと、最近思うようになりました。
(クロタチカマス科の魚の脂は、体に吸収されにくく、通じにいいというイメージから。)

投稿: okubo | 2014年12月 1日 (月) 21時20分

okuboさん>
ガランチョの脂は好みが分かれるところで、熱々の状態では美味いと感じても冷めるにつれ独特の匂い(風味?)が鼻に付くようになります。
生で食べると感じませんので、火を入れた場合の話ですね。
味噌たたきにしてさんが焼きというパターンが一番お勧めでしょうか?
今回のやり方も悪なかったので、干物にして冷凍保存も大丈夫です。

投稿: まるかつ | 2014年12月 2日 (火) 08時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/58085381

この記事へのトラックバック一覧です: 【旨魚料理】ガランチョのピチット干物:

« 【旨魚料理】ヒラメのスープ | トップページ | 【旨魚料理】ヒラメのお刺身サラダ »