« 【旨魚料理】焼きアカムツのにゅうめん | トップページ | 【旨魚料理】アジの干物と楽京のまぜ寿司 »

2014年12月17日 (水)

【旨魚料理】ハゼの道明寺揚げ

ちょっと変わった衣の揚げ物を作ってみました。

Photo_5

道明寺粉は、

水に浸したもち米を干して粗くひいた粉で、大阪府藤井寺の道明寺で最初に作られたと言われています。

Photo_6

ハゼは秋に釣ったものを下処理して冷凍保存しておきました。

松葉下しにして中骨を取り除いたら、塩と日本酒を軽く振りペーパータオルに挟んで余分な水気を取り除きます。

Photo_7

卵白
を用意し軽く撹拌したら、ハゼをくぐらせて道明寺粉を付けて油で揚げます。

Photo_9

卵白を使うのは、道明寺粉の白さを引き立たせるためですので、油も新しい物を使い温度も高くなりすぎて揚げ色が付きすぎないように注意します。

道明寺粉は和菓子などにも良く使われる食材ですので知っている人も多いかもしれませんね。

揚げ物に使うと独特のビジュアルだけでなく、個性的な食感を楽しむ事ができます。

もともとハゼの好きな奥方様は「美味しい!美味しい!」を連呼してました。

Photo_10

上品な仕上がりですので、大皿にたくさんではなく、

小皿に少しだけ、控えめな盛りつけがよろしいかと!

残った道明寺粉は、おせち作りにでも使ってみようかな?

ブログランキングにも参加しています。下のボタンを押して、
こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ

|

« 【旨魚料理】焼きアカムツのにゅうめん | トップページ | 【旨魚料理】アジの干物と楽京のまぜ寿司 »

旨魚料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/58248201

この記事へのトラックバック一覧です: 【旨魚料理】ハゼの道明寺揚げ:

« 【旨魚料理】焼きアカムツのにゅうめん | トップページ | 【旨魚料理】アジの干物と楽京のまぜ寿司 »